iPhoneが壊れたときLINEはどうなる? アプリのバックアップ方法を紹介

便利ワザ

iPhoneが壊れてしまったとき、普段使っているアプリのデータも失われてしまうことになります。

もしもの自体に備えて、あらかじめアプリデータをバックアップする方法について紹介します。

iCloudを使ってiPhoneのデータを毎日自動バックアップする

2018-07-15



iPhoneのLINEトークをバックアップ

iPhoneが壊れたときに備えて、LINEのトーク履歴もバックアップを取っておきましょう。連絡手段として広く普及していることもあり、トークが消えると困る方も多いかと思います。

LINEアプリ自体にバックアップ機能が付いているので有効化しましょう。
iPhoneが壊れたときや機種変したときにもデータを引き継ぐことができます。

「友だち」タブの左上にある歯車アイコンをタップすると設定画面に入れます。
「トーク」→「トークのバックアップ」と辿り、「今すぐバックアップ」を押します。

「前回のバックアップ日時」が更新されれば成功です。適度なタイミングで、思い出したときにでもバックアップを実行しておきましょう。

iPhoneのゲームデータをバックアップ

iPhoneには非常に多くのゲームアプリが存在します。アプリごとに作りが異なるため一概には言えませんが、iPhone内部にセーブデータが保管されている場合は対策が必要です。

オフラインで実行できるゲームやシンプルなゲームなどは、アプリ内部にデータを保持していることがよくあります。(つまりiPhoneが壊れると失われてしまいます)

ゲーム自体にバックアップ機能がない場合は、iCloudやiTunesを使って、iPhoneを丸ごとバックアップしましょう。iPhoneを復元した際に、アプリのデータも合わせて復元することができます。

参考記事: iCloudを使ってiPhoneのデータを毎日自動バックアップする

iPhoneが壊れたときソシャゲのデータはどうなる?

ソーシャルゲームやオンラインゲームなど、アプリによってはサーバー側でセーブデータを持っている場合があります。その場合、セーブデータを自分でバックアップする必要はありません。

しかし、iPhoneの故障時や機種変の際には、復元コードや引き継ぎコードなどが必要となる場合があります。ゲーム内の説明をよく確認して備えておくことが大切です。

万が一ログインや引き継ぎができない場合に備えて、運営へ問い合わせできるユーザIDなどを控えておくとなお安心です。

iOSの「Game Center」という機能に対応している場合もあります。Apple IDとリンクしているため、Apple IDのログイン情報を忘れないように注意しましょう。

まとめ

iPhoneが壊れた時に備えて、各アプリのバックアップを取る方法について紹介しました。

毎日使う機械ですのでいつ何が起こるかわかりません。一つ一つはそれほど手間の掛かる作業ではないので、問題なく動いているうちに対策を取っておくことが大切です。

ぜひ本記事の内容を参考に、バックアップの設定を行ってみてください。

【関連記事】
Google 2段階認証のスマホが壊れた時の対処法