右クリックメニューの残像が残らないようにする設定(Windows)

右クリックメニューの残像が残らないようにする設定(Windows) サーバー設定

Windows で右クリックメニューの残像が残ってしまう場合、
パフォーマンスオプション」の設定を変更することで解消することができます。

今回は Windows 10 を対象にしていますが、Windows 7 などでも同様の設定で回避可能です。
残像が消えずに困っている・気になってしまう方はぜひ設定変更をお試しください。



残像を防ぐためにはパフォーマンスオプションを変更する

Windows の状態によっては、右クリックメニューで選択した項目が残像になってしまいます。
発生条件などは明確になっていませんが、パフォーマンスオプションで回避可能です。

システムのプロパティを開く

以下のいずれかの方法で「システムのプロパティ」を開きます。

  • 【方法1】Windows キーと Pause キー を同時に押す

  • 【方法2】Windows + R キーを押下後「sysdm.cpl」と入力して OK をクリック

システムのプロパティを開く(sysdm.cpl)
  • 【方法3】エクスプローラーのコンピュータータブから「システムのプロパティ」をクリック
エクスプローラーからシステムのプロパティを開く

パフォーマンス設定を変更する

3つ目のタブ「詳細設定」を選択し、1段目のパフォーマンス欄にある「設定」をクリックします。

システムのプロパティからパフォーマンスオプションを開く

 
「カスタム」を選択し、以下2つの項目からチェックを外してください

チェックを外す項目2つ

  • メニューをフェードまたはスライドして表示する
  • メニュー項目をクリック後にフェードアウトする
右クリックの残像を防ぐ設定

後者のみを外しても効果がありますが、前者の設定も合わせて外しておくとサクサク動作します。
2つのチェックを外したあとに OK → OK とクリックすれば設定完了です。

残ってしまった残像を消す方法

右クリックメニューを使うと、次のような残像が残ってしまう場合があります。
上記の設定を適用しても、すでに残ってしまった残像は消えないため対処が必要です。

右クリック後に残る残像
残った残像を消す方法

  • Windows を一度ロック(Windows+Lキー)して、ロックを解除する
  • Windows を一度スリープして解除する
  • Windows を再起動する

右クリックで項目が残る場合の対処まとめ

  • Windows で右クリックメニューを使用後、選択した項目が残る場合がある。
  • 残像となった項目を消すためには、Windows のロックや再起動が必要。
  • パフォーマンスオプションの変更により、残像の発生を防ぐことができる。

 
【関連記事】
iTunes が起動しない・開かないときの対処
Windows 共有フォルダに繋がらない場合の対応
AWS 上で Windows を利用する方法2パターンを解説
Windows Server の機能解説 & Linux との違いとは