AH01068: Got bogus version エラーの対処法(エックスサーバー)

サーバー設定

エックスサーバーで WordPress を運用していると、
環境によっては以下のエラーが発生する場合があります。

AH01068: Got bogus version 123

Xアクセラレータの Ver.2 を利用しているときに発生する可能性があり、
対処法としては、Xアクセラレータを Ver.1 に変更することで回避可能です。



WordPress に接続できない現象が発生

本サイトもエックスサーバーで運用していますが、
WordPress に1分ほどアクセスできなくなる事象が不定期に発生していました。

サーバーパネル からエラーログをダウンロードできるため、
まずはエラーログを確認してみましょう。

エックスサーバーのエラーログ

 
今回の事象では Got bogus version エラーが多発していました。
version の後ろに続く数字はランダムな値となるようです。

[Mon Apr 15 23:04:05.972920 2019] [proxy_fcgi:error] [pid 354986] [client xx.yy.zz.xx:60598] AH01068: Got bogus version 111

対象法は「Xアクセラレータ」のバージョン変更

AH01068: Got bogus version は、リバースプロキシとバックエンドの通信に起因するため、
利用者側(ユーザー側)では解決を図ることが難しい事象です。

ただし、エックスサーバー等のレンタルサーバーでは、基本的にサーバーを弄ることができません。
サーバー観点で調査を依頼する場合は、お問い合わせフォーム から連絡を取ります。

 
エラーログと発生していた事象の詳細を添えてサポートに問い合わせると、
Xアクセラレータのバージョンを1に戻す」ようにアドバイスをいただきました。

指示通りにサーバーパネルから設定を変更したところ、
WordPress にアクセスできない問題は解消し、エラーログも出力されなくなっています。

Xアクセラレータには2つのバージョンがある

Xアクセラレータとは、エックスサーバーで利用できる高速化ツールの一つです。
2019年4月時点では2つのバージョンが存在し、自由に切り替えられます。

Xアクセラレータのメリット・デメリット・注意点を解説

2018-11-23

Xアクセラレータ Ver.1

Ver.2 の登場以前は、「Xアクセラレータ」の名称でした。

ファイルのキャッシュを行うことで、サイトの高速化を図る機能です。
原則として「静的ファイルのみ」のキャッシュを行うことが推奨設定となります。

Xアクセラレータ Ver.2

2019年頃からバージョン2が登場しています。

Ver.1 の機能に加えて、PHP の高速化処理が追加されています。
今回は、PHP の高速化処理と Web サイトの相性が良くなかったようです。

AH01068: Got bogus version エラーのまとめ

  • エラー発生時は WordPress にアクセスできない
  • エラーログをダウンロードして確認可能
  • Xアクセラレータ Ver.2 利用時に発生する可能性あり
  • サーバーパネルから設定を切り替えることで解消する

【関連記事】
エックスサーバーのセキュリティ設定
エックスサーバーに SSH ログインする
エックスサーバーの WordPress 高速化
Xアクセラレータの特徴を解説