エックスサーバーにSSHログインする方法(Windows・Mac)

サーバー設定

レンタルサーバーの「エックスサーバー」には、SSH ログインが可能です。
サーバー上でファイルを編集したい場合や、ファイルのバックアップなどにも活用できます。

今回は、設定手順とログイン方法について解説します。



エックスサーバーのSSH機能を有効化する

SSH ログイン機能は、セキュリティ対策のため無効化されています。
必要なときのみ、サーバーパネルから有効化して利用しましょう。

Xserver サーバーパネル にログインし、「アカウント」→「SSH設定」を開きます。
「ON にする」ボタンで有効化します。※作業完了後は元通り「OFF」に戻しましょう。

 
右隣のタブを開き、SSH ログインに必要な鍵ファイルを生成します。
任意のパスワードを入力して「公開鍵認証用の鍵ペア生成」をクリックします。

 
確定ボタンをクリックすると鍵が作成されます。
サーバーログインに必要なファイルがダウンロードされるので保管します。

 
ダウンロードしたファイルには秘密鍵と呼ばれる重要なキーが含まれています。
誤って外部に送信などしないよう、安全に保管してください。

エックスサーバーにSSHログインする

接続先のサーバー情報を確認します。
サーバーパネルのトップページから「アカウント」→「サーバー情報」を開きます。

 
サーバーのホスト名を控えておきます。
今回は、ホスト名が sv1234.xserver.jp であったと仮定します。

SSHログインには「エックスサーバーのサーバーパネルID」も必要となります。
今回は zzz999 と仮定して説明します。

WindowsからSSHログインを実行する

SSH 接続用のフリーソフト「Tera Term」をインストールして起動します。

 
2段目の「鍵を使う」を選択し、先ほどダウンロードした鍵ファイルを指定します。
サーバーパネルのログイン ID、鍵作成時に指定したパスワードを入力して接続します。

 
無事にログインできるとターミナルが表示されます。

$ hostname
sv1234.xserver.jp

MacやLinuxからSSHログインを実行する

Bashなど、ターミナルが利用できる場合はコマンドでアクセス可能です。
以下のように SSH コマンドを入力します。ユーザ名は「サーバーパネルのログインID」です。

$ ssh zzz999@sv1234.xserver.jp -p 10022 -i xxxxxx.key

-i オプションの後ろには、先ほどダウンロードしたファイルを指定します。
パーミッションを 600 に変えておく必要があるためご注意ください。

 
秘密鍵のパスフレーズを聞かれるため、鍵作成時に指定したパスワードを入力します。

Enter passphrase for key 'zzz999.key':

 
無事にログインできると SSH 操作が可能となります。

$ hostname
sv1234.xserver.jp

まとめ

エックスサーバーに SSH ログインする方法を紹介しました。
サーバー内のファイル整理や、データバックアップなどで活用できます。

SSH 機能を手軽に ON/OFF できるため、必要時のみ有効化するように心がけましょう。
自分が接続するときのみ SSH を有効化することで、不正アクセス防止に繋がります。

【関連記事】
Xアクセラレータのメリット・デメリット
エックスサーバーの WordPress セキュリティ強化
エックスサーバーの 高速化設定
Windows 共有フォルダのユーザー設定