AWS のサーバー設置場所はどこか、公開情報とウワサのまとめ

クラウドサービス AWS

クラウドサービスの王者でもある AWS ですが、サーバーの設定場所は基本的に非公開です。

しかし、WikiLeaks や数々のウワサからデータセンターの所在地が判明しています。
東京リージョンは8箇所、大阪リージョンは2箇所に存在します。

AWS の概要とクラウドの活用事例



AWS のデータセンター所在地は、印西市・多摩市・23区内・横浜など

先述の通り、基本的にデータセンターの具体的な場所は非公開です。
ただし WikiLeaks の情報によると、東京リージョンには以下8拠点が存在します。

  • 東京都品川区東品川
  • 東京都江東区枝川
  • 東京都西東京市向台町
  • 東京都多摩市唐木田
  • 神奈川県横浜市磯子区
  • 千葉県印西市 (3拠点)

 
千葉県印西市ですが、こちらはデータセンターが多く集まっている地域です。
AWS のデータセンターもこの中に含まれています。

東京都多摩市は、構築中のデータセンターで火災が発生してニュースになりました。
そのデータセンターは AWS が利用予定であったと言われています。

なお、大阪リージョンは以下2拠点が判明しています。

  • 大阪府大阪市西区新町
  • 大阪府大阪市中央区城見

 
3大クラウドの VM とリージョン比較

AWS は EQUINIX (エクイニクス) のデータセンターをよく利用する

Google マップなどで拠点を確認すると、EQUINIX のデータセンターが見受けられます。
EQUINIX(エクイニクス)は、世界規模でデータセンターを提供する事業者です。

以前から、EQUINIX にサーバーがあるのでは?というウワサはありました。
AWS とネットワークを直結できる Direct Connect の提供場所になっていたためです。

EQUINIX 社自身も「日本一 AWS に近い場所」とアナウンスしていました。
実際には「近い」どころか、その場所に AWS のサーバーも存在していたわけです。

Direct Connect のメリットと接続方法

AWS サーバーの大まかな場所は公開されている

AWS では世界規模でサーバーを分散配置しており、好きな地域のサーバーを利用できます
つまり、大まかな「地域」については正式に公開されています。

日本向けにサービスを展開したい場合には日本のサーバー、アメリカ向けにサービスを提供したい場合はアメリカのサーバーを使うことが好ましく、それらのニーズに応えられるようになっています。

AWS を利用する際は「リージョン」と「アベイラビリティゾーン」の考え方が重要です。

リージョンとアベイラビリティゾーンとは

日本には AWS の東京リージョンと大阪リージョンがある

AWS における「リージョン」ですが、日本では 東京と大阪 に存在しています。

「東京」と言われていますが、実際には都内だけでなく「東京近郊」くらいの考えが適切です。
東京リージョンには4つのアベイラビリティゾーンが用意されています。

一方の大阪リージョンですが、正式には「大阪ローカルリージョン」と呼びます。アベイラビリティゾーンが1つしかない小規模リージョンで、限られた(許可された)ユーザしか利用できません。

そのため、日本で AWS を利用する場合は東京リージョンがメインとなります。
大阪ローカルリージョンは、災害対策としてサーバーを分散配置する用途と考えて良いでしょう。

AWS サーバーの場所に関するまとめ

AWS のサーバー設置場所はどこにあるのか、公開情報とウワサについてまとめました。

基本的には地域レベルまでの公開までとなっており、具体的なデータセンターの場所は非公開です。

しかし、関係者や求人情報などから、具体的な所在地が表に出ることがあります。
今後も日本国内の AWS データセンターは増え続けるものと思われます。

Fargate・ECS・EKS の違いとは
Elastic IPアドレス (EIP) とは何か?
AWS・GCP・Azure の比較(コンピューティング編)