3大クラウド (AWS, GCP, Azure) の比較 – コンピューティング編

クラウドサービス

世界で使われている3大クラウド(AWS, GCP, Azure)の紹介です。

今回はコンピューティング編として、
クラウドサービスで最もよく使われている「仮想サーバー機能」を比較します。



3大クラウドの VM 比較表

AWS, Azure, GCP の仮想サーバー機能をまとめました。
それぞれの詳細については後述します。

クラウド 構成 起動時間 課金 国内リージョン
AWS パターン選択 約1分 1秒単位 2つ ※
Azure パターン選択 約2分 1分単位 2つ
GCP 任意変更可 約40秒 1秒単位 2つ

※AWS 大阪ローカルリージョンは一部ユーザのみ利用可能

いずれのクラウドを選択しても大きな差はありません。
既存のシステムがある場合は、同じクラウドに載せる案が確実と言えるでしょう。

 
仮想サーバー機能のみに着目すると、おすすめポイントは次の通りです。

  • AWS : 導入実績・豊富な情報量のある大手を利用したい場合
  • Azure : 国内2拠点に展開する場合や Windows で使う場合
  • GCP : 2拠点展開をする場合やサーバの増減を高速に行いたい場合

AWS (Amazon Web Services)

まずはクラウドサービスの王者、AWS です。市場シェアもトップを独走しています。
AWS における仮想サーバーは「EC2」となります。

AWS 仮想サーバーの特徴

  • 定められたマシンタイプから選択して起動
  • インスタンス作成時間は1分ほど
  • 1秒単位の課金
  • 日本国内のリージョン: 東京・大阪

EC2 に限らず、AWS はインターネット上で得られる情報が豊富です。

AWS 公式サイトからは、詳細なドキュメントやスライドを参照できます。
その他にも、IT 各社のエンジニアブログや、個人ブログでよく取り上げられます。

サーバーを配置するリージョンは、東京・大阪の2箇所です。
大阪は特殊なリージョンとなっており、限られたユーザしか利用できません。

EC2 料金の節約テクニック
EC2 インスタンスタイプの選び方

Microsoft Azure

Microsoft のクラウドサービスで、AWS と GCP の中間ほどのシェアです。
Azure における仮想サーバーは「Virtual Machine」となります。

Azure 仮想サーバーの特徴

  • 定められた構成から選択して起動
  • インスタンス起動時間は数分ほど
  • 1分単位の課金
  • 日本国内のリージョン: 東日本・西日本

Microsoft が提供していることもあり、Windows Server の実行環境としてよく利用されます。
また、オンプレミスの Active Directory とも相性が良いです。

今回紹介する中では唯一、東日本と西日本に完全なリージョンが用意されています。
日本国内で災害対策環境を構築する場合は、Azure が有力な選択肢となります。

GCP (Google Cloud Platform)

Google が提供するクラウドサービスで、近年シェアを伸ばしつつあります。
有名どころのサービスでは、ポケモン GO や AbemaTV が GCP 上で提供されています。

2019年5月より大阪リージョンが提供開始となり、
日本国内だけでマルチリージョン運用が行えるようになりました。

GCP 仮想サーバーの特徴

  • CPU, メモリなどを自由に組み合わせ可能
  • インスタンス起動時間は40秒ほど
  • 1秒単位の課金
  • 日本国内のリージョン: 東京・大阪

他の2クラウドと異なり、自由にスペックを決めることができます。
CPU だけ積んだり、メモリだけ積んだりといった構成も自由に組めことが可能です。

インスタンスの起動時間も非常に短く、1分も待たずにサーバーが利用可能となります。
GCP 側のメンテナンス時でも VM 停止が発生しないため、可用性が非常に高いのも特徴です。

まとめ

3大クラウドの仮想サーバー機能を比較しました。
AWS, Azure, GCP ともに異なる特徴をもつクラウドサービスであると言えます。

以下のような要件に注目して、適切なサービスを選択しましょう。

  • 構築するサーバーの用途
  • 利用したいOS
  • 複数リージョンによる冗長化の必要有無
  • 他のマネージドサービスとの連携

 
【関連記事】
AWS のサーバー設置場所まとめ
AWS, GCP, Azure の無料枠を比較
無料で試せる、AWS 学習のおすすめサービス
スケールアップとスケールアウトの違い
オブジェクトストレージとブロックストレージの違い