CentOS 7.5 に nginx 最新版を yum インストールする

サーバー構築 CentOS

CentOS 7 にWebサーバの「nginx」をインストールする手順の解説です。
HTML を配置した動作確認や、アクセスログ確認方法もお伝えします。

今回の検証環境は下記の通りです。

  • CentOS 7.5
  • nginx 1.14

Ubuntu 18.04 への nginx インストール手順
Fedora 29 への nginx のインストール手順



nginxとは何か

「nginx」は、オープンソースの Web サーバーで、2004年生まれの比較的新しいソフトウェアです。

Webサーバとしては「Apache」なども有名ですが、2018年6月の調査ではnginxのシェアが 20.64% となっており、Apacheとほぼ同じ割合で利用されています。

Apacheと比べてシンプルな作りのため、非常に軽量でメモリ使用量も低く抑えられます。
大量リクエストを捌く能力に優れており、近年よく利用されるようになったWebサーバです。

シンプルな分、nginx単体で行える処理は限られています。
PHPなどを使いたい場合は、別途モジュールの追加が必要となります。

nginxをCentOSにインストールする

yum でインストールするためのリポジトリを登録します。
nginx 公式サイトで配布されているパッケージを下記コマンドで取り込みます。

# rpm -ivh http://nginx.org/packages/centos/7/noarch/RPMS/nginx-release-centos-7-0.el7.ngx.noarch.rpm

nginx.repo が作成されたことを確認します。

# ls -l /etc/yum.repos.d/nginx.repo
-rw-r--r--. 1 root root 113 Jul 15  2014 /etc/yum.repos.d/nginx.repo

nginx本体をインストールします。
インストール後は、自動起動を有効化し、サービスを起動しておきます。

# yum install nginx
# systemctl enable nginx
# systemctl start nginx

ファイアウォールが有効になっている場合は、80番ポート(HTTP)へのアクセスを許可します。
AWSなどを利用している場合、クラウドサービス側のアクセス制限も対応が必要です。

# firewall-cmd --permanent --add-service http

nginxの動作確認

WebブラウザからサーバのIPアドレス(http://xxx.xxx.xxx.xxx/)にアクセスして確認します。
nginxの初期画面が表示されていればOKです。

初期状態では /usr/share/nginx/html/ にHTMLファイルが格納されています。
同じディレクトリにHTMLファイルを作成することで、ブラウザからアクセス可能となります。

# cd /usr/share/nginx/html/
# vi test.html        ※HTMLを新規作成

最後に、アクセスログが記録されていることを確認します。
初期状態では /var/log/nginx/access.log に出力されます。

# tail /var/log/nginx/access.log

nginx インストールのまとめ

CentOSにWebサーバ「nginx」をインストールする方法について紹介しました。

nginxはシンプルで軽量なWebサーバとなっており、インストールや設定も簡単に行うことができます。近年多く利用されているサーバの一つです。

用途にもよりますが、Webサーバを立てる際にはApacheだけではなく「nginx」の利用もぜひ検討してみてください。

【関連記事】

nginx に繋がらない場合の確認方法・調査方法とコマンド解説
Apache、nginx、H2O の特徴を比較
nginx が起動しない場合の対処方法
H2O のインストール手順 (CentOS)
Docker のインストール手順 (CentOS)
jq コマンドのインストール手順 (CentOS)
Python 3, pip のインストール手順(CentOS)