memcached の最新版を CentOS 7.5 に yum インストールする

サーバー構築 CentOS

mecmached の最新版を、CentOS 7 に yum インストールする手順を解説します。

mecmached は、Redis と並んで広く使われているインメモリ DB の一つです。
キャッシュやセッション情報の管理など、Web アプリケーションで幅広く活用されています。

今回は、以下のサーバー構成でインストールを行います。

  • CentOS 7.5
  • memcached 1.15.10

Ubuntu 18.04 へのインストール手順
Fedora 29 へのインストール手順



CentOS 7 にリポジトリを追加

CentOS 7 の標準リポジトリでも「memcached」自体は提供されていますが、少し古めのバージョンが配布されています。

外部リポジトリを追加することで、memcached の最新版をインストール可能にします。
今回は、EPEL リポジトリ・ remi リポジトリを活用します。

# yum install epel-release

EPEL リポジトリのインストール後、remi リポジトリを追加します。

# yum install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

yumコマンドで --enablerepo=remi を付加すると利用できます。

yum で memcached をインストール

リポジトリの準備が整ったので、yum で memcached をインストールします。
念のため、yum info コマンドでバージョンを確認してきます。

# yum info memcached --enablerepo=remi
Name        : memcached
Arch        : x86_64
Version     : 1.5.10
Release     : 1.el7.remi
Size        : 137 k
Repo        : remi

最新版の memcached 1.5.10 が取得できているため、インストールを開始します。

# yum install memcached --enablerepo=remi

memcached サービスの自動起動を ON にします。

# systemctl enable memcached

memcached サービスを開始します。

# systemctl start memcached

telnet で memcached の動作確認

telnet コマンドを使い、memcached に接続します。ポート番号は 11211 です。

# telnet 127.0.0.1 11211

version コマンドでバージョン情報を表示できます。

version
VERSION 1.5.10

次に key01 というキーで「hogefuga」の値を保存してみます。
set <キー名> <圧縮有:1 圧縮無:0> <保持する秒数> <バイト数(文字数)> が構文です。

set key01 0 1000 8
hogefuga
STORED

保存したキーを取り出してみます。
こちらの構文は簡単で、get <キー名> を入力するだけです。

get key01
VALUE key01 0 8
hogefuga
END

telnet から抜けるときは、Ctrl + ] キーを入力します。

まとめ

最新版の memcached を yum インストールする手順について紹介しました。
外部リポジトリを追加することで、最新版が取得できます。

Web サービスの開発時など、インメモリのキャッシュが必要な場合に活用してみてください。

【関連記事】
Go 言語のインストール手順 (CentOS)
Redis 4 のインストール手順 (CentOS)
MySQL 8 のインストール手順 (CentOS)
自動起動するサービスの調査方法