PHP 7.2 と Laravel 5.6 を CentOS 7 へ yum インストールする

サーバー構築 CentOS

PHP7とLaravelフレームワークを、CentOSへインストールする手順について紹介します。

今回構築する環境は下記の通りです。

  • CentOS 7.5
  • PHP 7.2
  • Composer 1.6.5
  • Laravel 5.6

Ubuntu への Laravel インストール手順



PHP7.2インストール

PHPの最新版をインストールするため、remiリポジトリをCentOSに追加します。

# rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

PHP7の最新版(今回は7.2)をインストールします。
--enablerepo=remi,remi-php72 を付加することでremiリポジトリからインストールできます。
GPGKeyの確認が表示された場合は y を入力します。

# yum install php php-zip php-mbstring php-dom --enablerepo=remi,remi-php72

正常にインストールできたことを確認します。

# php --version
PHP 7.2.7 (cli) (built: Jun 20 2018 08:21:26) ( NTS )

Laravel5.6インストール

PHPでWebサイトを作成できるフレームワーク「Laravel」をインストールします。

はじめにPHPのパッケージ管理ツール「Composer」 をインストールします。
Composerを利用することで、Laravelや依存パッケージを簡単に導入することができます。

# curl https://getcomposer.org/installer | php

Composerがカレントディレクトリに格納されるため、パスの通る場所へ移動します。

# mv -i composer.phar /usr/local/bin/composer

Composerを利用して、Laravelをインストールします。
rootユーザではなく、開発用ユーザのホームディレクトリで実行することを推奨します。

$ composer global require "laravel/installer"

カレントディレクトリの .config に格納されるためパスを通しておきます。

$ echo 'export PATH=~/.config/composer/vendor/laravel/installer:$PATH' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile

PHP7とLaravelの動作確認

テスト用のプロジェクトを作成して動作を確認します。

Laravelのプロジェクトを新規作成します。
Application ready! Build something amazing. と表示されればOKです。

$ laravel new testproject
$ cd testproject

テスト用のサーバーを起動します。
--host 0.0.0.0を付与することで、サーバの持つ全IPアドレスで接続を受け付けられます。

$ php artisan serve --host 0.0.0.0
Laravel development server started: <http://0.0.0.0:8000> 

ブラウザからサーバの8000番ポートにアクセスして、Laravelの文字が表示されれば正常です。

まとめ

CentOSに「PHP7」と「Laravel」をインストールする手順について紹介しました。
PHPのインストールには remi リポジトリ、Laravelのインストールには Composer を利用します。

プロジェクトを新規作成し、php artisan serve コマンドでブラウザから動作確認が可能です。

【関連記事】

PHP 7.3 のインストール手順 (CentOS)
Git サーバーの構築手順 (CentOS)
Docker のインストール手順 (CentOS)
PHP 7.2, Lumen 5.7 のインストール手順
PostgreSQL のインストール手順 (CentOS)
jq コマンドのインストール手順 (CentOS)
Python 3, pip のインストール手順(CentOS)