CentOS 7.5 に Python 3.6 と pip の最新版を yum インストールする

サーバー構築 CentOS

Python 3系の最新版、Python 3.6 を CentOS 7.5 にインストールします。
CentOS に標準インストール済みの Python 2.7 はそのまま残します

今回使用したサーバー環境は以下の通りです。

  • CentOS 7.5
  • Python 3.6.5
  • pip 18.1

CentOS 7.5 に Python 3 系を yum インストール

CentOS 7.5 の標準リポジトリには Python 2.7 しかありません。
Python 3 系をインストールするために、新しくリポジトリを追加します。

# yum install https://centos7.iuscommunity.org/ius-release.rpm

yum info コマンドで、Python 3.6 が認識されたことを確認します。

$ yum info python36u
Available Packages
Name        : python36u
Arch        : x86_64
Version     : 3.6.5
Release     : 1.ius.centos7

Python 3.6 を yum インストールします。
パッケージ管理システムの pip も合わせて追加しています。

# yum install python36u python36u-pip python36u-devel

Python 3.6 のインストール確認・動作確認

インストールされたバージョンを確認します。

$ python3.6 --version
Python 3.6.5

Python の動作を確認するために、Hello, World! を実行してみます。

$ python3.6 -c 'print("Hello, World!")'
Hello, World!

 
Python に付属している pip のバージョンは古い状態です。
--upgrade オプション付きでインストールし、最新バージョンに更新します。

$ pip3.6 install --upgrade pip

pip のバージョンを確認します。

$ pip3.6 --version
pip 18.1 from /usr/lib/python3.6/site-packages/pip (python 3.6)

CentOS 標準の Python を更新・削除してはいけない

CentOS 7.5 には、標準で Python 2.7.5 が入っています。
python コマンドを実行すると、CentOS 標準の Python が使えます。

$ python --version
Python 2.7.5

標準の Python については、原則として手を付けない方がベストです。
Python 3 を入れたからと削除することも止めておきましょう。

yum などのシステムツールが Python で動いており、OS 全体に影響を与える恐れがあります。
標準の Python は残したまま、Python 3 系を追加することが重要です。

 
万が一 yum の起動に影響が出てしまった場合は、以下のファイルを見直しましょう。
1行目に Python 2.5 系のフルパスが記載されていれば OK です。

# vi /usr/bin/yum

Python セットアップのまとめ

CentOS 7.5 における Python 3.6 のインストール手順を解説しました。
OS 標準の Python には変更を加えないようにしましょう。

複数バージョンの Python を使い分けるため、起動時のコマンドに注意が必要です。
OS 標準版は python、今回追加した 3.6 系は python3.6 で使えます。

【関連記事】
PHP 7.2, Laravel 5.6 のインストール手順
PHP 7.2, Lumen 5.7 のインストール手順
MySQL 8 のインストール手順 (CentOS)
PostgreSQL のインストール手順 (CentOS)
Redis 4 のインストール手順 (CentOS)
nginx のインストール手順 (CentOS)
Node.js のインストール手順 (CentOS)