Redis 4 の最新版を CentOS 7 に yum インストールする

サーバー構築 CentOS

Redis の最新版を、CentOS 7 にインストールする手順の解説です。

現時点では「Redis 4」が最新バージョンとなっています。
使用した環境は以下の通りです。

  • CentOS 7.5
  • Redis 4.0.11

EPEL・remi リポジトリを CentOS に追加する

CentOS 7 の標準リポジトリでは Redis が提供されていません。
そのため remi リポジトリを追加してインストールします。

remi リポジトリは EPEL リポジトリに依存しているため、CentOS 7 に追加します。
rootユーザに切り替えて以下のコマンドを実行してください。

# yum install epel-release

EPEL リポジトリがインストールできた後に、remi リポジトリを登録します。

# yum install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

上記2つの作業により、Redis 最新版が yum インストールできるようになりました。

最新版の Redis 4 を yum インストール

yum info コマンドでインストールされる Redis のバージョンを確認しておきます。

# yum info redis --enablerepo=remi
Name        : redis
Arch        : x86_64
Version     : 4.0.11
Release     : 1.el7.remi
Size        : 580 k
Repo        : remi

現時点での最新版 Redis 4.0.11 が利用可能となっています。
再度 yum でインストールを実行します。

# yum install redis --enablerepo=remi

Redis をインストール後、サービスの自動起動を ON に設定します。

# systemctl enable redis

Redis サーバーを起動します。

# systemctl start redis

Redis 4 の動作確認

先ほど起動した Redis サーバーが正常に動いていることを確認します。
active (running) と表示されていればOKです。

# systemctl status redis

Redis クライアントを使用して、実際にデータを操作してみます。
key01 のキーで「abcde」という値を書き込み・取り出すテストです。

# redis-cli
127.0.0.1:6379> set key01 "abcde"
OK
127.0.0.1:6379> get key01
"abcde"

登録したキーの削除もテストしておきます。
削除後は、key01 が取得できないことが確認できます。

127.0.0.1:6379> del key01
(integer) 1  ※1件削除された
127.0.0.1:6379> get key01
(nil)     ※nilはデータがないことを示す

まとめ

CentOS 7 に Redis 4 をインストールする手順について紹介しました。
EPEL・remi リポジトリを活用することで、yum インストールが可能となります。

また、redis-cli コマンドを使って Redis サーバーの動作確認を行いました。
キーの書き込み・取り出し・削除はコマンドだけで簡単にテストできます。

【関連記事】

nginx のインストール手順 (CentOS)
Docker のインストール手順 (CentOS)
MySQL 8 のインストール手順 (CentOS)
memcached のインストール手順 (CentOS)
PHP 7.2, Laravel 5.6 のインストール手順
自動起動するサービスの調査方法