Fedora 29 に MongoDB 4.0 の最新版を dnf インストールする

サーバー構築 Fedora

JSON データや XML の管理に最適なドキュメントデータベース「Mongo DB」を構築します。
Fedora 29 にインストールする場合は、dnf コマンドを利用可能です。

今回は以下のサーバー環境で検証を行っています。

  • Fedora 29
  • MongoDB 4.0.4

CentOS 7.5 への MongoDB インストール手順
Ubuntu 18.04 への MongoDB インストール手順



Fedora 29 に MongoDB のリポジトリを追加する

Mongo DB の最新版をインストールするために、リポジトリを追加します。
次のコマンドでリポジトリファイルを新規作成します。

$ sudo vi /etc/yum.repos.d/mongodb-org-4.0.repo

以下の内容を貼り付けて上書き保存します。

[mongodb-org-4.0]
name=MongoDB Repository
baseurl=https://repo.mongodb.org/yum/redhat/7/mongodb-org/4.0/x86_64/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=https://www.mongodb.org/static/pgp/server-4.0.asc

リポジトリで使用する GPG キーをインポートします。

$ sudo rpm --import https://www.mongodb.org/static/pgp/server-4.0.asc

MongoDB を dnf コマンドでインストール

インストールされるバージョンを事前に確認しておきます。
MongoDB 4.0 系が認識されていれば正常です。

$ dnf info mongodb-org
Available Packages
Name       : mongodb-org
Version    : 4.0.4
Release    : 1.el7
Arch       : x86_64
Repo       : mongodb-org-4.0

MongoDB のインストールを実行します。

$ sudo dnf install mongodb-org

MongoDB の自動起動を有効化します。
サービス名は mongod のため注意が必要です。

$ sudo systemctl enable mongod

MongoDB サービスを初回起動します。

$ sudo systemctl start mongod

MongoDB に JSON を登録して動作確認

MongoDB のクライアントとして mongo コマンドが入っています。
今回はローカル上で JSON を登録して動きを確認します。

// test データベースを指定して起動
$ mongo test

items コレクションを作成します。
RDB のテーブルに近いイメージで、コレクションの中にドキュメントを格納します。

> db.createCollection('items');

items コレクションに JSON ドキュメントを登録します。
1件1件のデータのことを「ドキュメント」と呼びます。

> db.items.insert( { name: "apple", price: 100 } );

登録したドキュメントを取り出します。
先ほど追加した JSON が出力されれば正常です。

> db.items.find();
{ "_id" : ObjectId("5beae50345492a9904cb1f82"), "name" : "apple", "price" : 100 }

items コレクションを削除します。
確認もなくすぐに削除されるため、実際に使用する際は注意しましょう。

> db.items.drop();

MongoDB セットアップ手順のまとめ

Fedora 29 に MongoDB 4.0.4 をインストールしました。
リポジトリを手動で追加すると、dnf コマンドによる導入が可能です。

JSON や XML を扱うデータと相性の良いデータベースです。
必要に応じて、MySQL などの RBD と組み合わせて活用しましょう。

【関連記事】

MySQL のインストール手順 (Fedora)
nginx のインストール手順 (Fedora)
Node.js のインストール手順 (Fedora)
memcached のインストール手順 (Fedora)