Ubuntu 18.04 に MongoDB の最新版を apt インストールする

サーバー構築 Ubuntu

Ubuntu 18.04 の Mongo DB 4.0 系の最新版をインストールします。
GPG キーとリポジトリ情報を追加すると、apt コマンドで導入が可能となります。

今回使用するサーバー環境は次の通りです。

  • Ubuntu 18.04 LTS
  • MongoDB 4.0.4

CentOS 7.5 への MongoDB インストール手順
Fedora 29 への MongoDB インストール手順



MongoDB のリポジトリを apt に登録する

Ubuntu 18.04 の標準リポジトリでは最新版がインストールできません。
そのため、MongoDB から提供されているリポジトリを使用します。

MongoDB リポジトリで使用される GPG キーをインポートします。(D4 までがコマンド)
imported: 1 が表示されれば成功です。

$ sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv 9DA31620334BD75D9DCB49F368818C72E52529D4

gpg: key 68818C72E52529D4: public key "MongoDB 4.0 Release Signing Key <packaging@mongodb.com>" imported
gpg: Total number processed: 1
gpg:               imported: 1

リポジトリ情報を apt に追加します。
長いコマンドですが、1行に繋げて実行してください。

$ echo "deb [ arch=amd64 ] https://repo.mongodb.org/apt/ubuntu bionic/mongodb-org/4.0 multiverse" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mongodb-org-4.0.list

apt で使用するパッケージ情報を最新化します。
このコマンドにより、上記で追加したリポジトリが認識されます。

$ sudo apt update

Ubuntu 18.04 に MongoDB 4.0 をインストール

apt コマンドでインストールを実行します。
パッケージ名は mongodb-orgです。

$ sudo apt install mongodb-org

MongoDB の自動起動を ON に変更します。
サービス名は mongod となっているため注意が必要です。

$ sudo systemctl enable mongod

MongoDB のサービスを初回起動します。

$ sudo systemctl start mongod

念のため、サービスの起動状態を確認します。
active (running) のメッセージが出ていれば問題ありません。

$ systemctl status mongod
● mongod.service - MongoDB Database Server
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/mongod.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running)

MongoDB の動作確認

mongo コマンドを使用して動作確認を行います。
コマンド引数に任意のデータベース名を付けて起動します。

$ mongo test01

MongoDB にログイン後、バージョンを確認しておきます。
今回は MongoDB 4.0.4 がインストールされました。

> db.version();
4.0.4

テストデータを格納するために、コレクション(≒テーブル)を作成します。

> db.createCollection("members");

作成したコレクションに JSON を追加します。
ドキュメントの登録・取り出しが行えていれば OK です。

// 登録
> db.members.insert( { name:"tanaka", age:30 } );
WriteResult({ "nInserted" : 1 })

// 取り出し
> db.members.find();
{ "_id" : ObjectId("5bed7a8373be60b44d336d58"), "name" : "tanaka", "age" : 30 }

MongoDB セットアップ (Ubuntu) のまとめ

Ubuntu 18.04 に MongoDB 4.0 の最新版をセットアップしました。
公式リポジトリを登録することで、apt インストールが可能となります。

MongoDB が標準で使用するポートは 27017 です。
外部から接続する場合は、ファイアウォールの開放設定も行いましょう。

【関連記事】

MySQL 8 のインストール手順 (Ubuntu)
Node.js のインストール手順 (Ubuntu)
Go 言語のインストール手順 (Ubuntu)
PHP 7.2, Laravel 5.6 のインストール手順