Ubuntu の Docker 環境インストール手順と基本操作(初心者向け)

サーバー構築 Ubuntu

Ubuntuに、仮想化ソフトウェア「Docker」をインストールする手順について紹介します。
apt を用いたインストール手順に加え、Dockerの基本操作についても簡単に解説しています。

今回構築する環境は下記の通りです。

  • Ubuntu 16.04.4
  • Docker

CentOS 7.5 への Docker インストール手順
Fedora 29 への Docker インストール手順

Ubuntu に Docker をインストールする

Docker 公式リポジトリの GPG キーをインストールします。

$ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -
OK

Docker 公式リポジトリを追加します。コマンドが4行になっていますがそのまま入力できます。

$ sudo add-apt-repository \
    "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu \
    $(lsb_release -cs) \
    stable"

パッケージ一覧を更新します。Docker のリポジトリ情報が反映されます。

$ sudo apt-get update

Docker をインストールします。

$ sudo apt-get install docker-ce

Docker インストール確認・初期設定

Docker サービスの自動起動を有効化し、サービスを起動します。

$ sudo systemctl enable docker
$ sudo systemctl start docker

インストールされたバージョンを確認します。
今回の例ではクライアント・サーバーともに 18.03.1-ce でした。

$ sudo docker version
Client:
 Version:  18.03.1-ce

Server:
 Engine:
  Version: 18.03.1-ce

動作確認用のコンテナイメージ hello-world を実行します。
Docker Hub からイメージがダウンロードされ、Hello from Docker! が表示されれば OK です。

$ sudo docker run hello-world

Dockerの基本操作

基本用語として、Docker で起動する仮想環境のテンプレートを イメージ と呼びます。
イメージから実際に起動した各環境は コンテナ と呼ばれます。

初めに、イメージの一覧を確認するコマンドです。
サーバーローカルに格納されたイメージが出力されます。

$ sudo docker images

起動中のコンテナを確認するコマンドです。
-a オプションを付加することで、停止済みのコンテナも表示されます。

$ sudo docker ps -a
CONTAINER ID  IMAGE        COMMAND   CREATED         STATUS
aap2779f732c  hello-world  "/hello"  5 seconds ago   Exited (0)
aa811a98eb75  hello-world  "/hello"  28 minutes ago  Exited (0)

使用済みのコンテナを削除するコマンドです。
docker ps で確認したコンテナIDを指定しますが、一意に絞り込める範囲で省略もできます。

$ sudo docker rm <コンテナID>
$ sudo docker rm aap2779f732c  ←上記例の場合は「aap」でもOK

まとめ

Ubuntu に「Docker」をインストールする方法や、Docker の基本操作について紹介しました。
インストール時は、公式リポジトリをインポートした上で apt コマンドを実行します。

コマンド操作時には、「イメージ」と「コンテナ」の違いを意識することが重要です。
Ubuntu で Docker を利用する際は、ぜひご活用ください。

【関連記事】
Go 言語のインストール手順 (Ubuntu)
MySQL 8 のインストール手順 (Ubuntu)
Node.js のインストール手順 (Ubuntu)
Zabbix 4 のインストール手順 (Ubuntu)
PHP 7.2, Laravel 5.6 のインストール手順