Node.js 11 系の最新版を Ubuntu 18.04 に apt インストールする

サーバー構築 Ubuntu

プログラミング言語「Node.js」の最新版をインストールする手順です。
Node.js は、サーバーサイドで動作する JavaScript として利用が広がりつつあります。

今回構築するサーバー環境は次の通りです。
最新版の Node.js 11.1.0 と、安定版の Node.js 10.13.0 を解説します。

  • Ubuntu 18.04
  • Node.js 11.1.0
  • Node.js 10.13.0 ※後半で解説

CentOS 7.5 への Node.js インストール手順
Fedora 29 への Node.js インストール手順



Node.js 11 の公式リポジトリを Ubuntu に追加する

Ubuntu 標準リポジトリでは Node.js のインストールが出来ません。
Node.js 公式から提供されているリポジトリを追加します。

$ curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_11.x | sudo -E bash -

apt show コマンドで、パッケージ情報を確認します。
現時点での最新版 Node.js 11.1.0 が認識されました。

$ apt show nodejs
Package: nodejs
Version: 11.1.0-1nodesource1
Priority: optional
Section: web

Node.js のインストールを実行します。

$ sudo apt install nodejs

Node.js 11.1 および npm の動作確認

インストールされた Node.js のバージョンを確認します。

$ node --version
v11.1.0

Node.js のパッケージマネージャー npm もインストールされています。
記事公開時点での最新バージョンは 6.4.1 となっています。

$ npm --version
6.4.1

プログラミングの基礎「Hello, World!」を試してみます。
1行のファイルを作成し、Node.js で実行します。

# ファイルを作成
$ echo 'console.log("Hello, World!");' > hello.js

$ node hello.js
Hello, World!

Node.js 10.13.0 LTS 版をインストールする場合

基本的な手順は、Node.js 11 の場合と同一です。
Node.js 10系の公式リポジトリを Ubuntu に追加します。

$ curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_10.x | sudo -E bash -

インストールされるバージョンを確認します。
この場合は、Node.js 10.13.0 がインストールされます。

$ apt show nodejs
Package: nodejs
Version: 10.13.0-1nodesource1
Priority: optional
Section: web

apt でインストールを実行します。

$ sudo apt install nodejs

Node.js 10系の最新版がインストールされました。

$ node --version
v10.13.0

Node.js インストールのまとめ

Node.js 最新版のインストール手順を解説しました。
Ubuntu の場合は、Node.js 公式リポジトリを活用すると簡単に構築できます。

Node.js 11系と、10系でコマンドが異なるため注意が必要です。
インストールする直前に、apt show コマンドでバージョンを確認しておきましょう。

【関連記事】

Go 言語のインストール手順 (Ubuntu)
Docker のインストール手順 (Ubuntu)
MongoDB のインストール手順 (Ubuntu)
memcached のインストール手順 (Ubuntu)
PHP 7.2, Laravel 5.6 のインストール手順