Ubuntu 16.04 に最新版の Go 言語をインストールする

サーバー構築 Ubuntu

Ubuntu 16.04 に、Go 言語(golang) の最新版をインストールする手順の解説です。

今回構築したサーバー環境は下記の通りです。

  • Ubuntu 16.04.4
  • golang 1.10.3

CentOS 7 へのインストール手順



Ubuntu に golangをダウンロード

今回は apt-get を利用せずに、公式サイトから直接ダウンロードします。

golangの公式サイトにアクセスし、Linux 版のダウンロードリンクをコピーします。

 
/usr/local/src に移動し、コピーした URL をダウンロードします。

$ cd /usr/local/src
$ sudo wget https://dl.google.com/go/go1.10.3.linux-amd64.tar.gz

ダウンロードしたファイルを /usr/local に展開しておきます。

$ sudo tar xf go1.10.3.linux-amd64.tar.gz -C /usr/local/

Go 言語の初期設定

展開した go ファイルを実行し、バージョンを確認してみます。

$ /usr/local/go/bin/go version
go version go1.10.3 linux/amd64

Go 言語で必要となる GOPATH を定義します。

$ echo 'export GOROOT=/usr/local/go' >> ~/.profile

パスを通すため環境変数の PATH に1行追記します。

$ echo 'export PATH=$PATH:$GOROOT/bin' >> ~/.profile

.profile に追記した内容を反映させます。

$ source ~/.profile

Ubuntu と Go 言語で「Hello, World!」を表示する

正常にセットアップできたか確認するため、Hello World を作成してみます。
画面にメッセージを表示するだけの簡単なプログラムで、動作確認でよく利用されます。

任意の名前で以下のファイルを作成します。今回は test.go としました。

package main

import "fmt"

func main(){
  fmt.Printf("Hello, World!")
}

go run コマンドで実行します。Hello, World! と表示されれば成功です。
フルパスでなくても実行できたため、環境変数の設定も問題ないことが確認できます。

$ go run test.go
Hello, World!

まとめ

Ubuntu 16.04 に「Go 言語(golang)」をインストールする手順について解説しました。
apt-get ではなく公式サイトからのダウンロードにより、最新版のインストールが可能です。

Go 言語は、OS 環境を問わずに実行できることや、言語仕様がシンプルな点が特徴です。
近年よく利用され始めた言語の一つでもあります。

【関連記事】

MySQL 8 のインストール手順 (Ubuntu)
Docker 環境のインストール手順 (Ubuntu)
memcached のインストール手順 (Ubuntu)
PHP 7.2 と Laravel 5.6 のインストール手順 (Ubuntu)