Zabbix 4 の最新版を Ubuntu 18.04 に apt インストールする

サーバー構築 Ubuntu

サーバー監視ツール「Zabbix 4.0」を Ubuntu にインストールする手順です。
今回は以下の環境を使用し、apt-get を使用して構築します。

  • Ubuntu 18.04.1
  • MySQL 8.0
  • Zabbix Server 4.0

CentOS 7 への Zabbix 4.0 インストール手順



Zabbix 専用データベースを MySQL で構築する

Zabbix のインストール前に、データベースを用意しておきます。
ここでは、サーバー内にセットアップ済みの MySQL 8.0 を活用します。

サーバー内にデータベースが入っていない場合は、下記を参考に準備しておきます。
MySQL 8 のインストール手順 (Ubuntu)

 
MySQL に root ユーザでログインします。
Zabbix で使用するデータベース「zabbix」を新規作成します。

$ mysql -uroot -p
<MySQL の root パスワード>

> CREATE DATABASE zabbix CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_bin;

MySQL 8 系の場合

新規ロールを作成し、zabbix データベースの全権限を付与します。
ロールの準備ができたら、新規ユーザを作成してロールを紐付けます。

# ロール作成
> CREATE ROLE zabbix_role;
> GRANT ALL ON zabbix.* TO zabbix_role;

# ユーザ作成
> CREATE USER zabbix@localhost IDENTIFIED WITH mysql_native_password BY 'P@ssword123' DEFAULT ROLE zabbix_role;

MySQL 5 系の場合

新規ユーザを作成し、zabbix データベースの全権限を割り当てます。

# ユーザ作成
> GRANT ALL PRIVILEGES ON zabbix.* TO zabbix@localhost IDENTIFIED BY 'P@ssword123';

Zabbix Server 4.0 を apt インストール

Zabbix 4.0 の deb パッケージをダウンロードします。(コマンドは1行です)

$ wget https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_4.0-2+bionic_all.deb

ダウンロードした deb パッケージを Ubuntu にインストールします。

$ sudo dpkg -i zabbix-release_4.0-2+bionic_all.deb

apt-get のリポジトリ情報を最新化して反映します。

$ sudo apt-get update

Zabbix 4.0 をインストールします。
Zabbix サーバー、Web コンソール、Zabbix エージェントが入ります。

$ sudo apt install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php zabbix-agent

Zabbix 4.0 の初期設定

データベースの初期データをセットアップします。
先ほど作成した MySQL ユーザのパスワードが必要です。

$ zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbix -p zabbix
<zabbix ユーザのパスワード>

Zabbix サーバーの設定ファイルに、MySQL パスワードを 追記 します。

$ sudo vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf

DBPassword=P@ssword123

PHP のタイムゾーンを設定します。
コメントアウトを解除し、日本のタイムゾーンに書き換えます。2ヶ所あるため注意しましょう。

$ sudo vi /etc/zabbix/apache.conf

↓「#」を外して修正する
php_value date.timezone Asia/Tokyo

Zabbix と Apache が自動起動するように設定します。

$ sudo systemctl enable zabbix-server zabbix-agent apache2

Zabbix 4.0 の動作確認

Zabbix と Apache を再起動します。

$ sudo systemctl start zabbix-server zabbix-agent apache2

http://<サーバーのIPアドレス>/zabbix にアクセスできることを確認します。

 
画面の指示に従って初期設定を行います。
MySQL の接続情報では、作成したユーザ名 zabbix とそのパスワードを入力します。

Zabbix インストールのまとめ

Zabbix 4.0 のインストール手順を解説しました。
Ubuntu 18.04 の場合は、apt-get によるインストールが簡単なためオススメです。

Zabbix 公式パッケージを利用することで、最新版のインストールが可能となります。

【関連記事】

サーバー監視ツール・サービスの比較
Go 言語のインストール手順 (Ubuntu)
Docker のインストール手順 (Ubuntu)
MySQL 8 のインストール手順 (Ubuntu)
memcached のインストール手順 (Ubuntu)
PHP 7.2, Laravel 5.6 のインストール手順