レンタルサーバー・VPS・自宅サーバーのメリット・デメリットを比較

サーバー構築

Webサイトを構築する際や、サーバーに関する勉強をしたい場合には大きく3つの選択肢があります。「レンタルサーバー」「VPS」「自宅サーバー」です。

今回はそれぞれのメリットやデメリットについて比較します。

レンタルサーバーの特徴

レンタルサーバーのメリット

  • プロの業者にサーバー管理を任せることができる
  • 電気代やインターネット回線の心配が不要
  • 自前で準備するよりも安価に利用できることが多い

レンタルサーバーのデメリット

  • サーバー機能が制限される場合がある
  • 希望のスペックや構成が提供されていない可能性がある
  • 性能が出ない場合がある

Webサイトの公開にオススメ

レンタルサーバーは、複数の利用者でサーバーを共有することで安価に利用することができます。また、初期設定やサーバー管理の手間がかからない点も特徴です。

Webサイトを作成して公開したいときや、とりあえずサーバーが必要になったときなどは「レンタルサーバー」を利用することを推奨します。

VPSの特徴

VPSのメリット

  • サーバーの管理者権限を使うことができる
  • 好きなソフトウェアを利用したり細かなチューニングを行える
  • プロの業者にサーバー管理を任せることができる

VPSのデメリット

  • ある程度サーバーに関する知識が必要になる。
  • レンタルサーバーと比較するとコストが多少高くなる。

カスタマイズしたい人にオススメ

「VPS」は「Virtual Private Server」の略称です。その名の通り、仮想的に自分のサーバーのように使うことができます。

レンタルサーバーでは実現できない機能や、細かな設定の変更などを自由に行える点が特徴です。その上で、サーバー本体や設備の管理はプロに任せることができます。

自宅サーバーの特徴

自宅サーバーのメリット

  • スペックや構成などを全て自由に決められる
  • ハードウェア、OS、ソフトウェアなどの幅広い知識が身につく
  • 自分専用なので他に利用者の影響を受けない

自宅サーバーのデメリット

  • サーバーの用意や電気代・インターネット回線などのコストが掛かる
  • 設置場所やファンの音、排熱に伴う空調を気にする必要がある
  • 壊れた場合や停電した場合にも自分で対応が必要

サーバーの学習用途にオススメ

自宅に自分専用のサーバーを用意するといった方法です。何でも自由にできる反面、初期設定から運用・トラブル時の対応まで全て自分で行う必要があります。

その代わり、幅広い実用的な知識が身につきます。ハードルは高いですが学習用途にオススメです。

まとめ

サーバーの種類と、それぞれのメリット・デメリットについて紹介しました。用途・費用・技術レベルによって適したサーバー(サービス)が異なってきます。

Webサイトを簡単に公開するにはレンタルサーバー、ある程度カスタマイズや自分で構築をしたい場合はVPS、サーバーを1から作りたい・学習したい場合には自宅サーバーがオススメです。

【関連記事】