ノートパソコンを自宅サーバーとして使うメリットとデメリット

サーバー構築

自宅にサーバーを持ちたい人にとって一つの選択肢が「ノートパソコン」です。
今回は、ノートPCを自宅サーバーとして使う場合のメリット・デメリットを解説します。

結論としては、24時間稼働させる自宅サーバーにはオススメしません



ノートPCを自宅サーバーにするメリット

ノートパソコンを自宅サーバーにする場合、以下のようなメリットがあります。

  • コンパクトなため場所を取らない
  • デスクトップPCよりも省電力
  • バッテリーがUPS代わりになる
  • Wi-Fiを活用すればLANケーブルが不要
  • モニタやキーボードが一体のためコンソール操作が可能
  • 周辺機器など自由な構成で運用できる
  • 必要な時だけON/OFFが可能

 
自宅サーバーのメリットは、何といってもその自由度の高さです。
OS はもちろん、サーバー自体をどのような構成にするかも自分で決められます。

自由度が高すぎる反面、初期設定から運用まで自らの手で行う必要があります。
サーバー構築に関する勉強としては最適な選択肢と言えるでしょう。

自宅サーバーのデメリット

ノートPCに限らず、自宅サーバーには以下のデメリットがあります。

  • 電気代が上昇する
  • パソコンの寿命が縮まる
  • 温度や湿度の管理が必要
  • ファンの音が気になる
  • PC周りの清掃を怠ると発熱や火災の原因に

 
サーバーとして24時間動かし続ける場合、PC内部はもちろんのこと、
ACアダプタ・バッテリーなどの周辺機器にも負荷が掛かり続けます。

また、電源を入れたまま放置する運用になると、メンテナンスを疎かにしがちです。
PC 周辺に溜まったホコリと発熱の影響で火が出た、という事例も過去に存在します。

 
家庭用パソコンは、基本的に24時間連続稼働を想定していません。
24時間365日、常に動かし続けたい場合は他の手段を検討しましょう。

ノートPCの自宅サーバーは学習用・検証用にオススメ

ノート PC をサーバーとして活用する場合は、必要時のみ起動させることをオススメします。

今は使っていない古いノートパソコンなど、余っているPCがあれば活用してみましょう。
「CentOS を触ってみたい」「Ubuntu の勉強をしたい」といった、学習用途に役立ちます。

レンタルサーバーでは学習できない「OSインストール」も、自由に何度も試せます。
他の利用者の影響を受けて性能が落ちることもなく、サーバーを専有できる魅力もあります。

 
一方で、インターネット向けにサービスを公開したい・常に動かし続けたい場合は不向きです。
外部公開する場合は、レンタルサーバーやクラウドサービスを活用した方が良いでしょう。

まとめ

ノートパソコンの自宅サーバー運用について考察しました。

不要となったPCがある場合には、サーバー構築などの学習用途に活用してみましょう。
ただし、24時間365日動かし続ける場合は専用のサーバーを用意することを推奨します。

【関連記事】
サーバー構築初心者におすすめの OS
レンタルサーバー・VPS・自宅サーバーを比較
AWS, GCP, Azure の無料利用枠を比較