サーバー構築の初心者は VPS を使った Web サーバーから始めよう

サーバー構築

サーバー構築の初心者にオススメの学習方法を、ステップ別に紹介します。
「VPS」を用意した上で、Web サーバーや DB サーバーの構築にチャレンジしてみましょう。

サーバー費用の節約にはレンタルサーバーがおすすめ



OS の設定も学べる VPS が初心者にオススメ

サーバー構築を学習するためには、Linux 系の OS がオススメです。
無料で使える OS も数多くあるほか、コマンド操作も習得することができます。

サーバー構築初心者にオススメのOS

サーバーを自前で構築する場合、以下のような OS 設定が学べます。
レンタルサーバーでは意識する必要がありませんが、VPS では自分で管理が必要です。

  • SSH の接続設定
  • 各種ソフトウェアのアップデート
  • Web サーバーのポート開放(80, 443)
  • ファイルの権限設定
  • セキュリティ対策

構築内容によっては、ファイアウォールなどのネットワークに関する知識も身につきます。
自分でサーバーを管理する」という点からも VPS がオススメです。

nginx で Web サーバーを構築する

初心者の方にオススメなのが、Web サーバーの構築です。
構築が比較的容易で、目で確認できる成果が出るためモチベーションにも繋がりやすいです。

Web サーバーを構築する際は、「Apache」もしくは「nginx」を推奨します。
どちらも広く使われており、採用事例やエラー対処に関する情報が豊富なためです。

nginx インストール手順 (CentOS)

シンプルな HTML を配置してインターネットからアクセスできるようにしましょう。
Web サーバーの仕組み、サービスの起動停止、ポートの開放などが身につきます。

構築完了後は、HTML に加えて JavaScript や CSS を試してみるのもオススメです。

MySQL でデータベースサーバーを構築する

Web サーバーが構築できた後は、DB サーバーにチャレンジしましょう。
WordPress やブログを導入する場合には、データベースが必要となります。

データベースを学習する際は「MySQL」がオススメです。
無料で利用できますが、小規模から大規模まで幅広い採用実績があります。

MySQL 8 インストール手順 (CentOS)
MySQL 8 インストール手順 (Ubuntu)

データベースが無事に動くようになれば、サーバーで出来ることが一気に増えます。
DB サーバーの次のステップとしては、WordPress 構築などにチャレンジしてましょう。

まとめ

サーバー構築の初心者にオススメの学習方法を紹介しました。

OS の設定やコマンド操作を身につけるために「VPS」を用意しましょう。
その後は、Web サーバーや DB サーバーの構築を試すことで幅広い知識が身につきます。

【関連記事】

CentOS のサーバー構築手順
Ubuntu のサーバー構築手順
レンタルサーバー・VPS・自宅サーバーを比較
AWS, GCP, Azure の無料枠を比較
AWS 学習にオススメのサービス3選
AWS とは何か? クラウドをわかりやすく解説
ノートパソコンを自宅サーバーとして使う
SSH セキュリティ対策(初心者向け)
nginx が起動しないときの確認ポイント